阪神1600

阪神JF

ジャパンCまでは「秋」って感じだけど、2歳GIが始まると今年も押し迫ってきたなぁと感じますな。2歳は知らない馬が多すぎて今まで長いことまったく勝負にならなかったけど、昨年は年明けから一本も馬券が当たらずに迎えた朝日杯FSの単勝勝負で窮地を脱して、…

マイルCS

グランアレグリアもついに引退レース。1200-1600では日本史上最強馬ではないかと思っている。2000でも活躍が見たかったけど、天皇賞はスローでかかり気味に先行して目標にされて3着。エフフォーリアはともかく、コントレイルよりは強い内容だったと思う。マ…

桜花賞

先週の大阪杯もそうだけど、最近はクラシックも暮れのGIからぶっつけ本番で挑む有力馬が増えた。直近の情報量が薄い上にオッズも安い有力馬が何頭もいると予想が難しくなってイマイチ気分が盛り上がらない。クラシックじゃなく古馬GIでもトライアルレース上…

阪神牝馬S

前走に引き続き本命イベリス。楽なメンバーだったけど悠々逃げ切って2-4着には追い込み馬が入ったところがこの馬の地力の高さを表している。阪神1600もそれほど上がり勝負になりそうにない今の馬場ならかなり適性がありそうな気がしていて、今回のメンバーで…

朝日杯FS

朝日杯は阪神外回りに変更されてから最初の3年間は、最後方待機の追い込み馬ばかりが上位に来て、前は壊滅で掲示板に乗ることすら難しかった。阪神JFや桜花賞も外回り施行になってからこの傾向は顕著だったので、コースの性質上しょうがないかと思っていた。…

マイルCS

グランアレグリアは史上最強短距離馬と言ってもいいくらいのめちゃくちゃな強さにまで覚醒したように思える。覚醒というか、むしろデビュー戦から嘘みたいに強かったことで有名な馬なんだけど、初登場からあまりにも規格外すぎて「超早熟じゃないか」と疑っ…

中京記念

◎トロワゼトワル ○ベステンダンク トロワゼトワルは前走見事な逃げっぷりで復活。今年は古馬GIで牝馬が活躍しまくったけど、昨年の夏あたりから古馬マイル重賞もほとんど牝馬にかっさらわれている。安田記念とヴィクトリアマイルのレベル差もほとんど感じな…

桜花賞

大物感溢れる馬や堅実な馬が多数揃って何だか凄そうなメンバー構成になった。桜花賞はたまにどんぐりの背比べのような世代の年に5-7番人気の伏兵が勝つこともあるけど、今年は当てはまらなさそう。こういう世代では1番人気か2番人気の人気馬が期待を上回る強…

アーリントンC

阪神はだいぶ内が良さそうな馬場状態。混戦模様だし、内で先行策を取って伸びそうな穴馬を探したい。本命は津村明秀騎乗のサンノゼテソーロ。まだ1戦1勝馬だけど、デビュー戦は好スタートから直線抜け出して稍重馬場ながら1.21.8の好時計で圧勝だった。単純…

桜花賞

堅そうなので買わないつもりだったけど、土曜の予想に気をよくしたのでやっぱり買ってみよう。 本命はエールヴォア。負けた3戦は全て輸送。地元阪神では2戦負けなしで、未勝利戦を1.46.8の好時計で6馬身差圧勝、エリカ賞でもタガノディアマンテら牡馬相手に…

阪神牝馬S

本命はアマルフィコースト。前走は前潰れの京都牝馬Sで見せ場たっぷりの2着。最近はスプリント戦を中心に使われていたけど、もともとは中京2歳Sでアドマイヤアルバを倒すなどクラシック戦線に乗っていた馬。前走を見る限り一介のスプリントホースではなさそ…

阪神JF

かつてスエヒロジョウオー-マイネピクシーで馬連史上最高配当を記録したのももう25年前。外回り施行になった06年以降はJRAの全GIの中で一番と言ってもいいほど荒れにくいレースになった。阪神外回りマイル戦は一介の早熟スピード馬にはあまりに厳しすぎるコ…

米子S

阪神もかなりの高速馬場で前が止まらないシーンが目立つ。これならダノンメジャーか。重賞戦線だとあっさり捕まってしまうけど、少頭数の競馬になるとマイペースでストレスなく走ってそのまま押し切れるタイプ。頭固定で狙えるのでは。 末脚頼みのブラックム…

桜花賞

悔しいのでちょっと回顧。 普段巡回している予想ブログの方々が片っ端からアエロリットとアドマイヤミヤビ推しだったから、逆に嫌な予感したんだよなw。人気なかったしそりゃみんな買いたくなる。しかし壮大な釣りだった。 アドマイヤミヤビの手応えのなさ…

桜花賞

ソウルスターリングとアドマイヤミヤビの2頭がもう少し人気を分け合うかと思っていたけど、意外なほどソウルスターリングに偏ってしまった。土曜の昼にはどうも単勝3000万ほど突っ込んだ人もいるらしい。仮にそれがなかったとしても、他の券種の売れ方から実…

阪神牝馬S

ミッキークイーンは休み明けイマイチだし、クイーンズリングは阪神外回りの実績がない。雨の影響も加味すればクロコスミアが残れないか。頭固定三連単。 ◎クロコスミア ○デニムアンドルビー ▲ジュールボレール △ミッキークイーン △クイーンズリング

朝日杯FS

知らない馬ばかりなのでケンするつもりだったけど、土曜があまりにも不完全燃焼だったのでちょっと手を出してみるか。 フランケル産駒の活躍ぶりが話題で、今週も人気はミスエルテ。しかしファンタジーSを平凡なタイムで追い込んで勝っただけの牝馬が牡馬GI…

桜花賞

クイーンCを見た後はメジャーエンブレムで仕方ないと思っていたけど、同日の古馬1000万条件をマイネグレヴィルが1.45.5で逃げ切っているのを見ると、額面どおりに受け取るわけにはいかないかなという気がしてきた。実力にケチをつけるわけではないけど、自分…

阪神牝馬S

2冠馬ミッキークイーンを嫌ってみる。去年の3歳牝馬クラシック組は意外と古馬相手に苦戦してるし、2キロ背負って久々のマイル戦で人気を背負うとなると厳しいのでは。 本命はスマートレイアー。得意コースならきっちり走る。ある程度前に行く目処も付いたし…

リゲルS

本命はダノンメジャー。クラシック戦線では通用しなかったけど秋に復帰して以降は充実している。ポートアイランドSとキャピタルSはどちらも5着だったけど、いずれも極端な内有利の馬場で内を通った先行馬が上位を独占する決着のなか、外に出してよく健闘して…

阪神JF

よく分からんけど大外メジェルダにチャンスはないだろうか。ここまで5戦4連対。2着3回も全てタイム差なしで、今回人気の一角であるブランボヌールやキャンディバローズとも差のない競馬をしている。距離不安とか言われるけどディープインパクト産駒で純粋な…

ポートアイランドS

本命はスプリンターズSを除外されたマヤノリュウジン。8歳馬だけど老いてなお盛ん。もともとは先行馬でGIで3着に入って大穴を開けたのが2年前。去年7歳になってからは後方からの大外一気に徹するようになってさらにもう一段階飛躍した。今年も長期休み明けの…

桜花賞

人気が集中したルージュバックはかなり強そうだけど、マイル未経験、多頭数も未経験、きさらぎ賞からのぶっつけ本番、戸崎も1〜3番人気でGIに勝ったことがない等、いくつかの不安点がある。他にも強そうな馬は揃っているのでこの馬はヒモまでに留めたい。 同…

朝日杯FS

◎セカンドテーブル ○ダノンプラチナ ▲クラリティスカイ △タガノエスプレッソ △ペプチドウォヘッド 人気がないけどセカンドテーブルに魅力を感じる。デビュー戦は今年の小倉新馬戦最速の時計で5馬身差圧勝。1200で後手を踏んだ小倉2歳Sこそ大敗したけど、京王…

阪神JF

外回りになって以降、とにかく後方待機馬の末脚勝負になりがち。いろいろ様相の違った1年目だけ除くと、前走1角7番手以内だった馬は(0 1 6 65)、それより後ろの馬は(7 6 1 40)。まず前走控える競馬で8番手以下だった馬のみ選ぶ。前走1200、あるいは前走着外…

桜花賞

例年通りなら暮れの2歳GIで余裕の3連勝を決めていたであろうハープスターの追い込みがあの時僅かに届かなかったのは、川田の内外のコース取りとかの問題ではなく、他に2頭の強い馬がいたから。今回大外枠を引いて「これで不利なく外を回せる」みたいな楽観的…

リゲルS

今年の3歳馬は古馬相手にかなり苦戦している。芝の3歳以上オープンで3歳馬は過去3年間それぞれ13勝、9勝、16勝を上げていたけど、今年はわずか5勝。勝率も6%台で半分程度しかない。先週の鳴尾記念も全滅だったし、基本的には軽視する方向を続けたい。 ◎エー…

阪神ジュヴェナイルF

◎ハープスター ○マジックタイム ▲マーブルカテドラル △レッドリヴェール よく分からんけどなんか凄そうなメンバー。ハープスター頭固定三連単を少しだけ。

ポートアイランドS

レッドアリオンのNHKマイルCは前潰れの展開で、出遅れたことが結果的に良かったと思う。逃げてギリギリまで粘ったコパノリチャードの方が強い。タイキパーシヴァルやルナなど逃げ馬が揃ったけど、こういう時ほどよほど前半競り合わない限り前が1頭残りやすい…

桜花賞

◎アユサン ○クロフネサプライズ ▲レッドオーヴァル 混戦ムードだけど面白そうなのはアユサンだろうか。デビュー2戦の府中で見せた瞬発力はこの世代トップクラス。阪神マイルで2回負けてるけど、阪神JFも7着とはいえ内外の差が大きい中で善戦しているし、チュ…