ジャパンC

コントレイルの引退レースと銘打たれた一戦。しかし仮にラストランを勝利で終えたしても、キタサンブラック、アーモンドアイ、グランアレグリアのように万感のフィナーレという感じでもない。何しろ古馬相手にまだ一度も勝っていない。同期のサリオスやアリストテレスもパッとしないし、無敗の三冠も世代レベルの低さに助けられた感は否めない。有馬記念にも見向きもせず、これ以上戦績に傷をつけないうちに引退をという姿勢を素直に応援できない。メンバー的にはいかにもコントレイルに勝ってくださいと言わんばかりの楽な相手に見えるけど、何とか逆らう手を考えてみたい。

 

今年は4世代ダービー馬が揃った一戦ということでも話題になってますね。これまでに3世代が揃ったことは3度あって、いずれも最も若いダービー馬が最先着している。となると今年はやはり3歳シャフリヤールですか。ただダービーを勝ったとはいえ、内容的には10回走れば9回はエフフォーリアが勝っていたレース。あまり高く評価していない。

3世代ダービー馬が揃ったという過去3回を調べてみると、最も若いダービー馬が最先着といいつつ、実は勝ち馬は常にダービー馬以外から出ているというのも面白い。コントレイルを倒す相手は他にいるような気がしてきた。

 

 

本命はオーソリティ

この馬も今まであまり評価してなかったけど、前走のアルゼンチン共和国杯の完勝と、少々時計がかかってきた今の東京競馬場ルメールとか考えているうちに、これに本命を託してもいい気がしてきた。年齢を重ねるにつれて距離適性がやや短めにシフトしてきた印象のコントレイルに比べて、こちらは東京長距離向きの適性がハッキリしてきたように見える。スローからのロングスパート戦になったら振り切って押し切れるかもしれない。

 

あとはちょっと無理目だけどシャドウディーヴァに期待してみるか。東京では( 2 5 2 3 )と極めて堅実で、冬場はまったく崩れず牡馬相手にも好走してきた。特に前走の府中牝馬Sは見事な後方一気を決めて本格化を匂わせている。近年の府中牝馬S勝ち馬といえば、16年クイーンズリングは翌年有馬記念2着、18年ディアドラは直後の香港Cで僅差の2着。そして昨年のサラキアも有馬記念で2着に来たように、このレースを快勝できる馬は牡馬一線級と渡り合ってもおかしくない。マイル戦だと後方に置かれてしまうけど、この距離なら自然ともう少し前目の位置取りになるんじゃなかろうか。それでもなお前走のようなキレ味を発揮できるようなら可能性があるかも。後方脚質で燻っていた馬がポジションを前目に押し上げて一気にスターダムに駆け上がるという筋書きを期待させるのもハーツクライ血統の宿命ですね。

 

オーソリティ

○シャドウディーヴァ

▲シャフリヤール

△コントレイル

 

本当はキセキとマカヒキも気になるけど、コントレイルに先着する可能性を期待させるのはこの3頭くらいだろうか。

 

マイルCS

グランアレグリアもついに引退レース。1200-1600では日本史上最強馬ではないかと思っている。2000でも活躍が見たかったけど、天皇賞はスローでかかり気味に先行して目標にされて3着。エフフォーリアはともかく、コントレイルよりは強い内容だったと思う。マイルに距離短縮した今回はおそらく後方からだろうし、今の荒れた馬場で阪神外回りなら直線横いっぱいに広がるはずで、前が詰まる心配もないだろう。今までいろんな強いレースを見せてくれたけど、一番度肝を抜かれたのはスプリンターズSデュランダルも真っ青の末脚をもう一度見せてほしい。

 

シュネルマイスターもかなり強い馬なのは間違いないんだけど、前走の毎日王冠で華麗な追い込み一気を決めてしまったのが気になる。毎日王冠でキレキレの末脚を披露した馬というと、ダノンキングリー、ルージュバックリアルスティールテレグノシスとかがいて、意外とその後のGIで苦戦する傾向が強い気がする。東京1800良馬場スロー少頭数の毎日王冠と、やや時計のかかる阪神外回り16頭のGIマイルCSではかなり条件が違うわけで、出遅れ癖も気になるし、人気馬で不安視するならこちらだろうか。

グレナディアガーズも強い馬だけど、ここ3戦は末脚勝負になって見せ場を作るところまで。この馬は先行力を活かして高速馬場で早め抜け出しから押し切るのがベストだと思っていて、今の条件で直線の追い比べでは厳しいんじゃなかろうか。サリオスとダノンザキッドも特に買い材料が見当たらない。

 

相手で買いたいのはカテドラル。前走久しぶりに勝利を飾ったけど意外と人気していない。2走前の中京記念も大外ぶん回しで実質勝ったような競馬。今年のこの馬は走る気に満ち溢れているように見える。時計のかかる馬場、直線横いっぱいの追い比べ、GIの厳しいペースなどこの馬向きの条件が揃った気がする。

あと気になるのがサウンドキアラ。重賞3連勝でヴィクトリアマイル2着に来てから一年半鳴かず飛ばずだったけど、久々に追い切りで好時計を出した前走スワンSで2着に復活。それもせっかくの内枠好スタートだったのに良い位置を取れず、直線も追い出しがやたら遅れた印象で、取りこぼしたような見えたレースだった。

 

最後にいつも安定インディチャンプ。休み明けはよく取りこぼす馬だけど、去年はこのローテでぶっつけGIで好走したし、要は狙ったレースだけ取りに来るということなんだろう。

 

◎グランアレグリア

○カテドラル

サウンドキアラ

△インディチャンプ

 

頭固定三連単で。ホウオウアマゾンとかロータスランドの前残りも気になるけど手が回らない。

エリザベス女王杯

ウインマリリンが一番強いと思ってたんだけど、どうも肘の炎症で万全ではない様子。レイパパレも強い馬だけどこの距離で目標にされると厳しいかも。

 

本命はウインキートス。前走オールカマー2着で力のあるところを見せたけど、もっと前目につけて早めに先頭に立つ競馬の方がよりこの馬には合っていると思う。外枠だけど、ハナに立ちそうなロザムールを見ながら好位を確保できるんじゃなかろうか。

 

相手は最後まで真面目に走るアカイトリノムスメ。

 

◎ウインキートス

○アカイトリノムスメ