府中牝馬S

本命は3歳馬ジョディ―。逃げて崩れたのは距離の長すぎたオークスだけ。クイーンCではクロノジェネシス、ビーチサンバ、カレンブーケドールの間に割って入る0.1秒差3着。フローラSでもウィクトーリア、シャドウディーヴァ、パッシングスルー、フェアリーポルカといったクラシック活躍馬相手に0.1秒差3着と良い内容だった。前走の海外GIでも逃げて好走したようだし、今回も最内から先手を取るだろう。52キロは軽い。

対抗はエイシンティンクル。前走は札幌記念で逃げて6着。緩みないペースのまま早めにサングレーザーに来られる厳しい展開で、さすがに一線級の古馬牡馬5頭に先着を許したものの、クロコスミア、クルーガー、ステイフーリッシュ、ゴーフォザサミットあたりは完封してみせた。スムーズに先行できればいつ牝馬重賞を勝ってもおかしくない器。こっちも逃げてこそだと思っているけど、準オープン勝ちのときは4番手から抜け出して勝ってるし、被されずにスムーズに行ければ、ジョディ―を見ながらでも大丈夫じゃなかろうか。

 

◎ジョディ―

エイシンティンクル

 

東京1800は展開次第では逃げ切りやすい条件。特に府中牝馬Sオースミハルカメイショウバトラーテイエムオーロラセラフィックロンプのような例もあるので行った行ったの決着を期待したい。

秋華賞

ここまでの3歳牝馬戦線は、グランアレグリアやラヴズオンリーユーのような大将格がほぼ不在のなか、ダノンファンタジー、クロノジェネシス、ビーチサンバが堅実に引っ張ってきたけど、距離が延びれば力関係は変わるだろうというのは誰しも感じるところ。ダノンファンタジーの前走はよく前を捕らえたけれど、さらに1ハロン伸びた重馬場のここで一番人気では荷が重い。クロノジェネシスも強い馬だけどキレ味が身上で重馬場はどうか。オークス以来ぶっつけ本番のローテもさすがに厳しい。ビーチサンバも前走は前に行って新しい戦法を見せたけど、馬場も速かったしあの走りをどこまで信用していいか分からない。クロフネは重馬場に良いイメージがないのでこれも軽視。

 

本命はエスポワール。デビュー戦から強豪牡馬相手に逃げて好走していた馬で、前走も道悪の2000で余力を残して圧勝。3番人気であまりおいしくないけどやむを得ない。頭固定。

対抗はカレンブーケドール。オークスで先行して大穴ながら2着。3着以下には大きな差を付けていて、勝ち馬に外から交わされたところで食い下がってもう一伸びした内容は素晴らしい休み明けの前走は負けたけど、速い上がりの勝負では持ち味が出ないのだろう。重馬場で体力勝負なら外しにくい。

 

あとは重馬場と言えばサドラーズウェルズ系ということで、ブランノワールとシゲルピンクダイヤ。

コントラチェックは気分よく逃げると一気に最有力候補だけど、GIの舞台だし、さらに秋華賞や京都2000重賞で逃げ切りがほとんどないこと、休み明けなこと、道悪で2戦取りこぼしていること等を考えると本命にまでは推しにくい。一応ヒモに入れておくか。

 

エスポワール

○カレンブーケドール

▲ブランノワール

△シゲルピンクダイヤ

コントラチェック