京都記念

京都記念と言えば、近年でもサトノクラウンの2連覇後にクリンチャーやダンビュライトが勝利していて、その前もデスペラードトレイルブレイザーが人気馬を抑えて勝ち切るなど、しぶとい伏兵の長距離馬がスターホースを倒すシーンが目立つ。この時期の時計のかかる京都外回り戦、しかも2200という非根幹距離レースで求められる能力は秋のGIとはかなり違う。GIで全精力を出し切った馬にとって調子落ちが現れる時期でもある。今年は少頭数だけどその中でも一波乱期待したい。

京都限定でやたら強いドレッドノータスが本命。京都大賞典を速い時計で勝ったけど、むしろ時計のかかる馬場の方が合いそう。こういうタイプがしっかり勝ち切るのがこのレースの特徴でもあるので頭固定で勝負。

相手は2200のG2で( 1 2 0 0 )のステイフーリッシュが本線。カレンブーケドールはオークスジャパンCは強かったけど、それ以外の条件では古馬相手にはちょっと足りないかも。クロノジェネシスももう少し短い距離の方が信頼できる。それよりは今回の条件ならノーブルマーズあたりでも何とかならないだろうか。

 

 

ドレッドノータス

○ステイフーリッシュ

▲ノーブルマー

 

AJCC

本命は逃げること前提でスティッフェリオ。先行してもそこそこ堅実だけど、本領発揮はハナに立ってこそ。冬場の時計のかかる中山2200は血統的にも最適。

4歳馬は軽視したい。ミッキースワローも上がりの速い高速馬場の方が向くだろう。逆に時計がかかってこそなのはブラストワンピース。少頭数で時計のかかる中山なら堅実だと思う。

 

◎スティッフェリオ

○ブラストワンピース

日経新春杯

ハンデ戦は大体ハンデが重い馬の方が回収率は期待できる傾向にあるけど、この日経新春杯は軽ハンデの馬がよく来る印象を持っている。昨日はよく前が残っていたようだし、エーティーラッセンにチャンスはないだろうか。これまでも戦績はぱっとしないけど着差はそれほどでもなく、最後までバテずにそれなりの上がりでまとめることができる。同型サイモンラムセスと一緒に逃げれば他馬からのマークはかなり少なくなりそうだし、51キロを活かして粘り込めないものか。

相手はアルゼンチン共和国杯でも期待したタイセイトレイルとアフリカンゴールド。4歳馬よりはこの2頭の方が強そう。

 

◎エーティーラッセン

○タイセイトレイル

▲アフリカンゴールド